月別アーカイブ: 2016年7月

毎日修行をしているようなものでした

毎日飲み物を買っているけど大きいボトルを買ったところで一日で飲んじゃうからな。重いから毎日買うのは嫌だなと考えて麦茶をつくるようにしました。

麦茶って自宅でつくると本当に安上がりですよね。お湯を沸かさなきゃいけないのがちょっと面倒なだけで、金銭的に助かりますし毎日ちゃんとつくっておけば飲み物を買いに行かなくてすみます。

スーパーに出掛けるのはいいんですけど、帰りが問題なんですよね。階段があるんです。

重い物を買うとここで苦しむことになるんですよ。お米なんて買った時は家に着いた瞬間大きなため息を吐きます。

クリアネイルショットを楽天で購入

家賃は安ければ安いだけいいよ。この家にしよう。階段?大丈夫でしょ私体力あるしと言ってこの家に住むことを決めた覚えがあるので夫に文句は言えず、ひたすら耐えて上るのみでした。

そんな修行のような日々から解放された気持ちです。今後は常に麦茶をつくって置いておくことにしますよ。

あと次に引っ越すときは口を滑らせないように気をつけます。下手なことは言うもんじゃないですね。

おっと思う夏の風物詩が聞こえました

夏のこの季節になると毎年の事なのですが遠くから打ち上げ花火の音がよく聞こえるようになります。近所でないのは確かです。

私の家の近所で花火を打ち上げられるような広場も水場もありません。なのでかなり遠くで上げているのは想像できます。花火の音って遠くまで聞こえるって言いますから、でも打ち上げ花火の音が聞こえるとワクワクして窓から外を覗いてしまいます。

最も、周囲にはビルが建っているので遠くは見えないのですが、たまに上の方だけ見えると興奮します。少しでも見えると外に出て開けた場所で立ち止まって見えるまで待ってしまうのです。同じように考えている人もいて見えたのか情報を交換したりして今日はどこの花火大会だ、とかどこどこのお祭りの余興だ、とか情報交換して見えたら拍手をしての繰り返しです。

花火大会自体は人混みが酷くて、とてもじゃないけどそこに挑むほどの元気はありません。なのでゆっくりできるところから見るので、多少全景が見えなくても文句はありません。花火の音は聞いているだけでも十分に夏って感じがしてきますので。これから花火大会の機会が増えてくると思うとワクワクしてなりません。